成績が近い子と授業を受けられる

塾のタイプとして個別指導と対面授業があり、個別指導は周りに生徒がいても同じ成績と限らないですし学年が違う人もいます。一方対面授業の塾は成績ごとにクラス分けされていて、成績が近い生徒が集まって同じレベルの授業が受けられるようになっています。進学クラスであれば自分自身で頑張る必要もありますが、自分よりも成績のいい人に負けない気持ちを持った方がより勉強に身が入りやすいでしょう。対面授業だと、まさに授業中は周りはライバルばかりになるので、ライバルに追いつこうとの気持ちやライバルを引き離そうとの気持ちを持って勉強に打ち込めます。一人で勉強すると辛いと感じるときもありますが、ライバルが周りにいるとライバル同士で励まし合えるのもメリットでしょう。

テストの成績が発表される

対面授業を行う塾では同じような成績の子や同じ志望校を持つ生徒が同じクラスに集められます。授業を受けて勉強をしますが、授業の理解度を測るためのテストもよく行われます。テストが行われればそれぞれに点数がつき、テストの点数がいい子もいればよくない子もいるでしょう。対面授業の塾のいいところとして切磋琢磨できる点がありますが、テストの点数が発表されるので差がわかりやすいからかもしれません。授業を聞いているだけだと互いに頑張っている様子しかわかりませんが、テストの点数は実際にどれだけ勉強を頑張ったかが結果として出されます。自分自身の点数が良ければそれを維持しようと頑張れるでしょうし、良くなければ良くなるよう頑張ろうとするでしょう。

大事な進路が人によって分かれていくのが、高校卒業時期です。ですから、高校生の塾はどのような進路を目指すのかによって選び分ける必要があります。