映像授業の強みを紹介

学習塾を選ぶとき、塾によって様々な形態の授業があってどれを選んだらいいかわからない、ということはありませんか?そこで今回は映像を使用した授業について紹介していきます。映像授業は大手の塾や予備校がよく行っている形態なのですが、たくさんいる講師の中でも人気な講師の授業の録画映像を一人で見るというものです。人気の講師の質の高い授業を受けたくても遠距離で通えない、といった悩みも映像授業ならどこにいても、また時間も自分の都合に合わせられるので継続して授業を受けることが出来ます。

映像授業を受けるのは場合によっては自宅のときもありますが、塾の受講スペースで授業を受けることが多いと思います。受講スペースでそんなに喋る人はいません。それに受講時はイヤホンやヘッドホンをするので他の人に邪魔される心配もないのです。

やる気次第では最強の勉強ツール

もちろん映像なので一時停止や巻き戻しも自由にできるので、学生の中には一人で映像をみるだけだと気がゆるんでしまう人もいます。確かに映像授業はそのような問題点もありますが、本人のやる気さえあればとことん利用できるシステムでもあるのです。

学校や学校のような形態の塾で一度わからなくなるとその後の内容を理解するのが大変ですよね。映像ならわからなかった箇所を何度でも再生できますし、過去の授業もそのまま見返せるので復習も簡単にできます。また、自分の勉強のペースを他の人と合わせなくて良いので進捗もわかりやすいですし、苦手な範囲も見つけやすいです。そうすると、今どの勉強をすれば良いのかがわかるので、集中して勉強に取り組めるようになります。映像授業は他人に邪魔されずに静かに授業を受けたい!自分の苦手な範囲を見つけて理解できるようになりたい!といった方に適しています。